AWSロゴ

AWS研修


Amazon Web Services(AWS)のファーストステップから実務レベルの応用として、基礎工程/インスタンス操作/可用性・耐障害性を中心に体系的に学ぶカリキュラムです。

\こんな方におすすめの研修です!/

こんな方におすすめ

AWS(Amazon Web Services)とは?

AWS(Amazon Web Services)は、Amazonが提供するクラウドコンピューティングサービスです。主なサービスには、仮想サーバーのEC2、オブジェクトストレージのS3、リレーショナルデータベースのRDS、NoSQLデータベースのDynamoDBがあります。世界中に分散されたデータセンターを持ち、高可用性とスケーラビリティを提供し、需要に応じたリソースの自動調整が可能です。

AWSは従量課金制でコスト効率が高く、データ暗号化やアクセス管理などの高度なセキュリティ対策が施されています。利用用途はウェブホスティング、ビッグデータ解析、機械学習、データバックアップ、コンテナオーケストレーションなど多岐にわたります。AWSは企業のITインフラを支え、効率的な運用を実現する強力なプラットフォームです。

AWS研修のカリキュラム

本カリキュラムは、ハイブリット活用を実践で習得するスペシャリスト養成プログラムです。Amazon Web Servicesのファーストステップから実務レベルの応用として「基礎工程」「インスタンス操作」「可用性・耐障害性」の3つのポイントを中心に、体系的に学びます。

IaaS/PaaS構築実習


1日目

IaaS/PaaS基礎


  • VPC、VPCサブネット、インターネットGW 構築

  • Elastic IP

  • セッションマネージャー

  • S2S VPN 構築

2日目

ネットワーク + システム移行


  • AD Connector

  • FSx

  • ロードバランサー

  • Route53

  • EFS

  • Application Migration Service

  • CloudWatch

3日目

IaaS/PaaS応用


  • AutoScalling

  • AWS WAF

  • RDS

※カリキュラム内容、講義スケジュールについての詳細は資料をご確認ください。

dl_spec-aws-8

AWS研修の詳細は
資料をご覧ください!

AWS研修の概要

開催期間

3日間(毎週開催いたします。)

受講人数

1回の開催で最大5名様まで。※1名から開催いたします。

受講形式

全行程オンライン

受講対象者

  • 仮想化に関する知識やシステム構築、ウェブサービスの運用経験
  • これから業務でパブリッククラウドを扱う企業のITインフラエンジニア、アプリケーション開発エンジニアの方
  • 企業の情報システム部所属の方
  • AWSの強みを活かした専門研修を受講したい方

AWS研修 受講までの流れ

①お問い合わせ

メール、またはお電話でお問い合わせください。受講希望の場合は、受講人数、受講希望日を合わせてお伝えください。

②受講調整・お見積り

受講人数、受講日を調整させいただきます。あわせて、受講費用をご案内いたします。調整が完了しましたら、ご契約となります。

③ご契約

カリキュラム、見積内容に同意いただけましたらご契約となります。

④受講スタート

研修を開始いたします。

※研修に必要となる準備物を事前にご連絡させていただきます。

AWS研修|資料ダウンロード

無料でサービス案内やノウハウ資料をダウンロードいただけます。

img_aws_main

SPEC「AWS(Amazon Web Services)」カリキュラムのご紹介

ITインフラ領域において、すべてのエンジニアの未来、そして成長体験を創出するための、スペシャリストの持続的な学びの場を提供いたします。
資料ダウンロード
PAGE TOP